カイロプラクティック・整体分野で古くから使用されている頸椎の捻転矯正法(ロータリーブレイク)に強く違和感を覚えたのは、すでに幼き頃。 と言いますのも療術一家に育った私は子供のころから種々の施術を受ける機会がありました。20代半ばから本格的にカイロプラクティックの技術習得に入ったものの、やはり、壁は頸椎の捻転矯正法にありました。 されるのもイヤ、するのもイヤ、その後、生体力学をはじめ、ガンステッドのP-A技法や脊椎運動分節・固有受容器・物質波などの学術に触れ、ようやく自分が納得できる「捻りなし、ボキ音なしのインパルススラスト」を手に入れることが出来ました。 おかげで、今尚、器具に頼らずとも、必要とする患者さんに素手で施しができていることに喜びを感じられます。何よりも、その著効によって患者さんに大変喜んでいただけることは手技屋冥利につくというものです。 本勉強会では、本テクニックが著効なケース、禁忌となるケース、それらも踏まえた上で、患者セットアップからスラストまでの手順を徹底指導したいと思っております。志半ばの先生方、ご興味ある先生方にお集まりいただけたらと願っております。
[当日の動画撮影は、個人学習用として管理いただくことをご誓約の上、許可させていただきます。]

終了しました

コメントを残す