本会では、会員の資質向上のための生涯教育セミナーを積極的に行っております。    過去のセミナー実績▼

榊原直樹DCによる!スポーツカイロプラクティック(AKT-R編) 2020

講師
榊原直樹 DC, DACBSP, CSCS, PhD

AKTとは関節運動学的テクニックのことです。
このテクニックの特徴は「自動的運動を利用したアジャスメントテクニック」、
「カップリングモーションを考慮したスラスト」でした。
一方、AKT-RはAKTに抵抗運動(Resisted)を併用したテクニックのことです。
AKTでは自動的運動を用いましたが、AKT-Rでは抵抗運動(またはアイソメトリック運動)
を使ってアジャスメントを行っていきます。

 またAKT-Rでは他動的運動と触診を合わせて関節の調整方向を決めていきます。
極めて繊細で緻密な検査法です。
 AKTを受講された方は、このテクニックによって多くの関節障害が改善していくのを実感していることと思います。
しかし、AKT-Rを修得することで、AKTでは対応しきれなかった難しいケースにも対応できるようになっていくはずです。

 AKT-Rによるアプローチの特徴は以下の通りです。
1. 関節運動学に基づいたアジャスメントであること
2. 精度の高い調整(アジャスメント)が可能となること
3. 動作痛がない症状に対して威力を発揮すること

 このテクニックを修得すると、「わずかな関節の問題が症状にとても大きな影響を及ぼしている」ことを実感できると思います。
 本セミナーでは、最初に関節運動学理論について理解していただいた上で、次に実践(検査法、治療法)について実技を交えて解説していきます。
 さらに、今回はテーマに沿った内容の英語の専門文献を一つ選び、一緒に学んでいきたいと思っています。
 カイロプラクターとして最新の医学的知見に触れることはとても大切なことです。また、皆さんのカイロプラクターとしてのさらなる進化のためには、
英語の壁を打破し、一人一人が自由に情報を得、それを理解していくことが重要であると考えています。

日程/内容
1.第1回 1月26日(日)
仙腸関節、腰椎
2.第2回 2月23日(日)
胸椎、肋骨
3.第3回 3月22日(日)
頚椎、顎関節
4.第4回 4月26日(日)
肩関節
5.第5回 5月24日(日)
肘関節
6.第6回 6月28日(日)
手関節
7.第7回 7月26日(日)
股関節
8.第8回 8月23日(日)
膝関節
9.第9回 9月27日(日)
足関節

時間
AM10:00~PM15:30(お昼休憩30分)

開催会場

インターナショナルカイロプラクティックカレッジ International Chiropractic College
〒577-0022 大阪府東大阪市荒本新町2-35 TANAKA BLD.
[電車交通] 近鉄けいはんな線荒本駅下車4番出口 南へ徒歩3分
※お車でのご来場はご遠慮ください。

参加費(各回資料・昼食付)

一般各回払い: 18,000円
一般 全9回一括払い: 153,900円
FJIC会員各回払い: 16,000円
FJIC会員9回一括払い: 136,800円

お申込み方法

下記のセミナー申込みフォームからお申し込みいただけます。
お申込内容受信後、納付書を送り致します。
〒577-0022 大阪府東大阪市荒本新町2-35

TEL 06-4306-5007
FAX 06-4306-5037
E-mail info@osaka-icc.jp

岡田恵舟・カイロプラクティック・セミナー 2019 フェイズ2

講師
岡田恵舟 Keishu Okada,BSc

カイロプラクターとして「生体の要求」にどこまで応えられるか?
矯正のターゲットとなる構造物は何処に、其処への深達度、接触時間、
力の種類、これらを上手く変化させ、コントロールできる能力を有せてこそ
真のカイロプラクターと云えるのではないか。今シリーズは其処を考え、
「より安全だから安心!」の徹底を図ります。

日程/内容
1.2019年10月14日(祝)
非スラストテクニック~頭蓋マニピュレーション・スプレッド・ユニバーサル・リフトほか~
2.2019年11月4日(祝)
非スラストテクニック~関節モビリゼーション・徒手的牽引―伸延・マッケンジー法ほか~
3.2019年12月22日(日)
非スラストテクニック~軟部組織マニピュレーション・結合組織・徒手的抵抗・PIRほか~
4.2020年1月26日(日)
非スラストテクニック~ローガンベーシックほか~
5.2020年2月23日(日)
非スラストテクニック~スポンディロセラピーほか~

定員
10名

時間
9:30~16:30

開催会場

国際カイロプラクティックカレッジ 3F実習室
〒577-0022 大阪府東大阪市荒本新町2-35 TANAKA BLD.
[電車交通] 近鉄けいはんな線荒本駅下車4番出口 南へ徒歩3分
※お車でのご来場はご遠慮ください。

参加費(各回資料・昼食付)

一般各回払い: 19,000円
FJIC会員各回払い: 18,000円
ICC賛助会会員各回払い: 17,600円

一般一括払い: 90,000円
FJIC会員一括払い: 85,000円
ICC賛助会会員一括払い: 83,000円

受講対象
ICCが設置する各コースの修了生・受講生および同等以上の教育を受けられた方に限る

お申込み方法

下記のセミナー申込みフォームからお申し込みいただけます。
お申込内容受信後、納付書を送り致します。
〒577-0022 大阪府東大阪市荒本新町2-35

TEL 06-4306-5007
FAX 06-4306-5037
E-mail info@osaka-icc.jp

2019年度・FJIC学術推進活動 ディバ-シファイドテクニックハート勉強会

講師
岡田恵舟

ご存知の通り「様々な」の意味を持つdiversifiedですが、
カイロプラクティックにおいては基本テクニックの代名詞となっています。
指定校ICCでは関節機能障害ベースの運動分節変位malpositionまたは 制限restrictionを取り去る徒手技術として研鑽しております。
久しぶりにこのテクニックのハートに触れ、良い汗をかいてみませんか?
ご自分のレベルアップのために・・・。

日程
・第1回目2019年10月13日(日)
・第2回目2020年3月8日(日)
時間
10:00~16:00内容
ディバ-シファイドテクニックハート勉強会

開催会場
国際カイロプラクティックカレッジ 3F実習室
〒577-0022 大阪府東大阪市荒本新町2-35 TANAKA BLD.
[電車交通] 近鉄けいはんな線荒本駅下車4番出口 南へ徒歩3分
※お車でのご来場はご遠慮ください。

参加費
各回10,000円  ※お申込後、納付書をお送りします。

お申込期日
第1回目10/4(金) 第2回目2/28(金)

お申込み方法
お電話又はE-mailにてFJIC事務局までお申込み下さい。
TEL 06-4306-5007
FAX 06-4306-5037
E-mail info@fjic-chiro.jp

ICCクリニカルセンター長による施術技能講座

講師
岡田恵舟

日程/内容
1.2018年09月24日(祝)
・仙骨のキーストーン効果
・トップストーンとしての役割
・ラテラリティ―の評価法 ほか
2.2018年10月08日(祝)
・アキシャルスケルトンとしての胸椎
・キネマティックチェーンの評価法とテクニック ほか
3.2018年11月03日(祝)
・後頭顆の動的平衡評価法とテクニック ほか
4. 2018年12月24日(祝)
・腰椎&頸椎の動的安定評価法とテクニック ほか
5. 2019年01月14日(祝)
・脊椎原性の疼痛
・VSCの概念
・脊椎複合機能障害の評価法とテクニック ほか
6. 2019年02月11日(祝)
・骨性侵害による神経学的過干渉
・神経の被膜への影響 ほか
7. 2019年03月31日(祝)
・いつの時代も脳が喜ぶ仕事をする!脳が喜ぶ技の数々を一挙紹介! ほか

時間
9:30?16:30(昼休憩45分)

開催会場
国際カイロプラクティックカレッジ 3F実習室
〒577-0022 大阪府東大阪市荒本新町2-35 TANAKA BLD.
[電車交通] 近鉄けいはんな線荒本駅下車4番出口 南へ徒歩3分
※お車でのご来場はご遠慮ください。

受講資格
WHO履行ガイドライン準拠プログラムを
履修したカイロプラクティック施術者(学生可)

参加費(資料/昼食弁当付き)
一般各回払い: 19,000円

一般一括払い: 129,000円

FJIC会員各回払い: 18,000円

FJIC会員一括払い: 123,000円

ICC賛助会会員各回払い: 17,600円

ICC賛助会会員一括払い: 120,000円

お申込み方法
下記のセミナー申込みフォームからお申し込みいただけます。
お申込内容受信後、納付書を送り致します。
〒577-0022 大阪府東大阪市荒本新町2-35

TEL 06-4306-5007
FAX 06-4306-5037
E-mail info@osaka-icc.jp

ターグルリコイル・フェス Toggle Recoil Fes.

講師
岡田恵舟

日程/内容
9月30日(日)
カイロプラクター必携の技!by 岡田恵舟

カイロプラクティック生誕記念月に、このように皆さまとカイロプラクター必携の技を 鍛錬できる機会が得られることはカイロプラクター育成に携わる者としてこの上ない喜びです。
ターグルリコイルとトルクメカニズムは単にアッパーサービカルの技法であるのみならず、 実は検査手・触診手、矯正手すべての基礎でもあり、これらメカニズムを肉体にうまく 搭載できてこそカイロプラクティック・アートの基礎が完成したと言えます。
奮ってご参加ください!

時間
9:30?16:30

開催会場

国際カイロプラクティックカレッジ 3F実習室
〒577-0022 大阪府東大阪市荒本新町2-35 TANAKA BLD.
[電車交通] 近鉄けいはんな線荒本駅下車4番出口 南へ徒歩3分
※お車でのご来場はご遠慮ください。

参加費(資料/昼食弁当付き)

一般(非会員): 20,000円

FJIC会員: 18,000円

ICC賛助会会員: 17,600円

お申込み方法

下記のセミナー申込みフォームからお申し込みいただけます。
お申込内容受信後、納付書を送り致します。
〒577-0022 大阪府東大阪市荒本新町2-35

TEL 06-4306-5007
FAX 06-4306-5037
E-mail info@osaka-icc.jp

スポーツカイロプラクティックセミナー:筋膜編2018

メッセージ

セミナーは講義と実技で構成されています。講義では各筋肉(筋膜)に問題がある場合の具体的な症状と問題(筋膜の癒着)の 好発部位について説明していきます。
実践では講義内容を踏まえて実際に指で感触を確かめながら進めていきます。筋膜の治療において最も重要なのは、問題個所を 見つけ出すことです。
治療のやり方を知っていても、問題個所を特定できなければ治療効果はほぼありません。セミナーではその辺も踏まえながら練習 していきます。
また、必要に応じて専門文献を引用しながら知識・技術のアップデートも行っていく予定です。最後の3回では、脊柱編、上肢編、 下肢編に分けて知識・技術のアップデートを行います。
再履修者の方を対象にしております。初めての方は受講できませんのでご了承ください。

このセミナーで習得できること

1.各疾患の発症機序(メカニズム)を理解できるようになる。
2.各疾患の特徴を知ることができる。
3.筋膜の癒着によって現れる症状を知ることができる。
4.筋膜と関節の連動性について理解できるようになる。
5.筋膜の癒着部位を触診により特定できるようになる。
6.癒着を除去し患者の症状を改善させることができるようになる。
7.癒着の好発部位を知ることができる。
8.鑑別診断をより深く理解できるようになる。

講師
榊原直樹,DC,DACBSP, CSCS, PhD

日程/内容

第1回 7月22日 頚椎/顎関節

・後頭下筋群(上頭斜筋、下頭斜筋、小後頭直筋、大後頭直筋)
・斜角筋群
・胸鎖乳突筋
・顎二腹筋
・咬筋
・側頭筋
・肩甲挙筋
・頚性頭痛
・三叉神経痛
・眼精疲労
・むち打ち症
・顎関節症第2回 8月26日 胸椎/肋骨

・菱形筋群
・広背筋
・内肋間筋
・外肋間筋
・僧坊筋
・前鋸筋
・肋間神経痛
・翼状肩甲骨症
・肩痛
・呼吸障害
・側弯症第3回 9月23日 腰椎/骨盤

・腰方形筋
・腹直筋
・外腹斜筋
・内腹斜筋
・仙腸関節(後仙腸靭帯)
・関節包(椎間関節)
・腸腰靱帯
・仙腰痛(急性/慢性)
・仙腸関節痛
・下肢痛
・椎間関節症
・梨状筋症候群
・恥骨結合炎第4回 10月28日 肩関節

・三角筋
・ローテーターカフ(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋)
・大円筋
・関節包
・肩鎖関節
・烏口肩峰靱帯
・大胸筋
・小胸筋
・五十肩
・インピンジメント症候群
・肩鎖関節痛
・胸郭出口症候群第5回 12月23日 肘関節/上腕部

・円回内筋
・回外筋
・短橈側手根伸筋
・長橈側手根伸筋
・上腕三頭筋
・上腕二頭筋
・烏口腕筋
・腕橈骨筋
・外側上顆炎
・内側上顆炎
・後部インピンジメント症候群
・上腕三頭筋腱炎
・回内筋症候群第6回 1月27日 手関節/前腕部

・関節包(IP関節、MP関節)
・ギヨン管
・手根管
・母指球筋
・方形回内筋
・深指屈筋
・浅指屈筋
・長母指伸筋
・手根管症候群
・ギヨン管症候群
・ド・ケルバン腱鞘炎第7回 2月24日 股関節/大腿部

・腸腰筋(大腰筋、腸骨筋)
・股関節外旋筋群(梨状筋、内閉鎖筋、外閉鎖筋)
・大殿筋
・中殿筋
・大腿筋膜張筋
・関節包
・恥骨筋
・股関節インピンジメント症候群
・恥骨結合炎
・腰痛第8回 3月24日 膝関節/下腿部

・大腿四頭筋(外側広筋、内側広筋、大腿直筋、中間広筋)
・薄筋
・大内転筋
・腸脛靭帯
・ハムストリング
・膝窩筋
・足底筋
・縫工筋
・関節包
・膝痛
・オスグッド
・ジャンパー膝
・膝窩筋腱炎
・腸脛靭帯症候群
・膝蓋大腿関節痛第9回 5月26日 足関節/足部

・外側側副靭帯
・内側三角靱帯
・足根管
・母趾内転筋
・足底筋膜(腱膜)
・骨間筋
・後脛骨筋
・前脛骨筋
・腓腹筋
・長母指屈筋
・腓骨筋
・足関節捻挫
・足底筋膜(腱膜)炎
・足根管症候群
・外反母趾
・足背痛
・アキレス腱炎
・シンスプリント第10回 6月23日 脊椎

再履修者用のアップデート第11回 7月28日 上肢

再履修者用のアップデート第12回 8月25日 下肢

再履修者用のアップデート※都合により日程が変更になる場合があります。

時間

毎月第4日曜日(11月/4月除く)
全12回 AM10:00?PM15:30(お昼休憩30分)

開催会場

国際カイロプラクティックカレッジ内 International Chiropractic College
〒577-0022大阪府東大阪市荒本新町2-35 2/3F
[近鉄けいはんな線 荒本駅下車 南へ徒歩3分]

受講費(資料/昼食弁当付き)

一般各回: 18,000円

FJIC会員: 16,000円

*お申込後、受講費の納付書をお送り致します。

お申込み方法

下記のセミナー申込みフォームからお申し込みいただけます。 お申込内容受信後、納付書を送り致します。
〒577-0022 大阪府東大阪市荒本新町2-35

TEL 06-4306-5007
FAX 06-4306-5037
E-mailinfo@osaka-icc.jp

伊藤彰洋DCによるカイロプラクティック臨床に役立つ神経学講座2018シリーズ

講師
榊原直樹,DC,DACBSP, CSCS, PhD

・米国公認カイロプラクター(DC)
・米国パーマー・カイロプラクティック大学卒(アイオワ州)
・米国国家試験合格(全4次試験)
・米国州開業免許取得(イリノイ州、オハイオ州、ケンタッキー州)
・カイロプラクティック臨床神経学卒後教育課程修了(米国Logan大)
・Carrick Institute機能神経学卒後教育課程 公認講師
・所属: 日本カイロプラクティック徒手医学会、MM研究会、米国頭痛学会他

日程/内容
session1 2018. 2月12日(祝・月)
発達障害とカイロプラクティック
session2 2018. 4月30 日(祝・月)
神経診察法(神経系の機能的な診かた)
session3 2018. 7月16 日(祝・月)
脊髄と神経根障害に対するアプローチ
session4 2018. 9月17日(祝・月)
痛みとしびれ
session5 2018. 11月23日(祝・金)
めまい

時間
AM10:00?PM16:00(昼1時間休憩)

開催会場

国際カイロプラクティックカレッジ International Chiropractic College
〒577-0022大阪府東大阪市荒本新町2-35 2F
[近鉄けいはんな線 荒本駅下車 南へ徒歩3分]

受講費(資料/昼食弁当付き)

一般各回: 17,000円

FJIC会員各回: 16,000円

ICC賛助会々員各回: 15,000円

一般一括: 80,000円

FJIC会員一括: 75,000円

ICC賛助会々員一括: 70,000円

*一括でのお申込み時は、5,000円割引させて頂きます。但し、欠席された場合は、後日、資料のみお渡し、 受講費の返金は致しませんので、予めご了承の程をお願い致します。お申込後、受講費の納付書をお送り致します。 尚、お席は、ご入金順に確保させて頂きます。

お申込み方法

下記のセミナー申込みフォームからお申し込みいただけます。 お申込内容受信後、納付書を送り致します。
〒577-0022 大阪府東大阪市荒本新町2-35

TEL 06-4306-5007
FAX 06-4306-5037
E-mailinfo@osaka-icc.jp

岡田恵舟 カイロプラクティック・療術大学ゼミ

カイロプラクティック・療術大学ゼミ;全4回
講師:岡田 恵舟 Keishu Okada
2017年7月30日(日)A.M 9:30スタート!

第1回 2017年7月30日(日)
・総合診療的診察のすすめ?問診
・視診から得られる情報?
・私たちができること
第2回 2017年8月27日(日)
・触れてはじめてわかること?触診のチカラ?
・内臓?体性反射に学ぶ ほか
第3回 2017年10月29日(日)
・関節包内運動の徒手的評価とそのアプローチ法 ほか
第4回 2017年12月23日(土)
・ブロード サーキュレーション セラピー(BCT) ほか
*終了後X-masパーティ

終了しました

スポーツカイロプラクティックセミナー
代償性パターン認知アプローチ編(Compensatory pattern cognitive approach)

スポーツカイロプラクティックセミナー;全10回
講師:榊原直樹,DC,DACBSP, CSCS, PhD
2017年5月28日(日)スタート!!

人間の身体は左右非対称にできています。内臓のポジションが左右非対称であることは明らかですが、筋骨格神経系も左右非対称になっています。そのため、身体の使い方、またそれによって引き起こされる脊柱・骨盤の捻れパターン、さらに筋肉の強弱にも代償性パターンが生じるのは必然とも言えます。本セミナーでは、それら様々な共通パターンを分類し、それによって生じる具体的な症状の解説とアプローチ法について勉強していきます。今までのセミナーと最も異なる点は、症状をより大局的に観ることで局所的症状の改善・安化を行っていくこと。そして、各人が持っている共通の代償性パターンに基づいてアプローチしていくことの二点です。本セミナーで学ぶことによって、今までとは異なる視点で症状を観ることができるようになります。

終了しました

栗原DCによる!末梢神経絞扼症候群&頭蓋セミナー

末梢神経絞扼症候群(全3回)

第1回目:2017年5月21日(日)
第2回目:2017年6月18日(日)
第3回目:2017年7月16日(日)
時間:9:00 am?3:00 pm

以下各症候群の検査と治療方法、デモンストレーション、実技練習
上肢の末梢神経障害 頚椎椎間関節症 胸郭出口症候群 肩甲上神経症候群 四角間隙症群 筋皮神経症候群 円回内筋症候群 前骨間神経症候群 回外筋症候群 肘部管症候群 手根管症候群 尺骨神経管症候群 下肢の末梢神経障害 脊柱管狭窄症 腸腰靭帯症候群 鼠径靭帯症候群 外側大腿皮神経症候群 閉鎖神経症候群 梨状筋症候群 膝窩筋症候群 腓骨管症候群 前足根管症候群 足根管症候群

受講費:全3回 50,000円(税込み)いずれも資料代含む。(昼食代は含まず)
【注:欠席の場合、受講費は、理由にとわず返金いたしませんが、資料の方は後日送らせていただきます。】
※各回のお申し込みはできません。

頭蓋セミナー【解剖学、組織学から臨床応用まで】(全5回)

時間:9:00 am?3:00 pm

第1回:2017年 9月17日(日)頭蓋骨 骨学、縫合の形態、脳脊髄液、硬膜、発生学、触診(頭蓋触診基本部位)
第2回:2017年10月15日(日)頭蓋骨 各頭蓋骨の動き、触診(拡張期収縮期)
第3回:2017年11月19日(日)頭蓋骨 脈管、脳神経、脳神経検査法、触診(縫合、各頭蓋骨
第4回:2017年12月17日(日)頭蓋バイオメカニクス、頭蓋の筋、頭蓋筋へのアプローチ、耳介筋反射テクニック、縫合テクニック
第5回:2018年 1月21日(日)頭蓋テクニック、頭蓋テクニック臨床応
受講費:全5回(一般一括)100,000円(税込み) いずれも資料代含む。(昼食代は含まず)
【注:欠席の場合、受講費は、理由にとわず返金いたしませんが、資料の方は後日送らせていただきます。】
※各回のお申し込みはできません。

会場: 国際カイロプラクティックカレッジ International Chiropractic College
〒577-0022 大阪府東大阪市荒本新町2-35-2F [近鉄けいはんな線 荒本駅4 番出口から南へ2分]
※車でお越しの方は、近隣のコインパーキングをご利用ください。

終了しました

ドクターホルダーによる
トルクリリーステクニックイントロダクションセミナー

この度は、HOLDER RESEARCH INSTITUTE JAPAN(ホルダー研究所 日本)の協力を得まして『 ドクターホルダーによるトルクリリース テクニック イントロダクション セミナー 』 を此処ICCにて開催させていただく事となりました。
カイロプラクティック本来の正しい考え方にもとづき21世紀の研究の中で生まれたテクニック!そう謳われる理論(わけ)をお知りになりたい方、その概念に一度ふれてみたい方は、ぜひ、足をお運びください。
創始者から直接お話しが伺え、デモンストレーションなどご参観いただけますので、受講価値は十分にあるかと思います。
ご興味ある方のご参加をお待ちしております!

(定員30名:7月14日時点で14名のお申し込みがあります。お急ぎください!)

終了しました

岡田恵舟・上位頸椎テクニック教室

全体論と唯物論はカイロプラクティックを実践する上で必要不可欠な要素となります。 禁忌症を除外したあと、カイロプラクターとして身心の何を、どこを、診るべきかはとても大切な判断となります。 さらに突き詰めれば、それをいつ、どのようにアプローチするかはもっと大切なことと云えます。 本講座では、上位頸椎の扱い方を時間の許す限り、指導して参りたいと思います。

終了しました


本会では、会員の資質向上のための生涯教育セミナーを積極的に行っております。    過去のセミナー実績▼

榊原直樹DCによる!スポーツカイロプラクティック(AKT-R編) 2020

講師
榊原直樹 DC, DACBSP, CSCS, PhD

AKTとは関節運動学的テクニックのことです。
このテクニックの特徴は「自動的運動を利用したアジャスメントテクニック」、
「カップリングモーションを考慮したスラスト」でした。
一方、AKT-RはAKTに抵抗運動(Resisted)を併用したテクニックのことです。
AKTでは自動的運動を用いましたが、AKT-Rでは抵抗運動(またはアイソメトリック運動)
を使ってアジャスメントを行っていきます。

 またAKT-Rでは他動的運動と触診を合わせて関節の調整方向を決めていきます。
極めて繊細で緻密な検査法です。
 AKTを受講された方は、このテクニックによって多くの関節障害が改善していくのを実感していることと思います。
しかし、AKT-Rを修得することで、AKTでは対応しきれなかった難しいケースにも対応できるようになっていくはずです。

 AKT-Rによるアプローチの特徴は以下の通りです。
1. 関節運動学に基づいたアジャスメントであること
2. 精度の高い調整(アジャスメント)が可能となること
3. 動作痛がない症状に対して威力を発揮すること

 このテクニックを修得すると、「わずかな関節の問題が症状にとても大きな影響を及ぼしている」ことを実感できると思います。
 本セミナーでは、最初に関節運動学理論について理解していただいた上で、次に実践(検査法、治療法)について実技を交えて解説していきます。
 さらに、今回はテーマに沿った内容の英語の専門文献を一つ選び、一緒に学んでいきたいと思っています。
 カイロプラクターとして最新の医学的知見に触れることはとても大切なことです。また、皆さんのカイロプラクターとしてのさらなる進化のためには、
英語の壁を打破し、一人一人が自由に情報を得、それを理解していくことが重要であると考えています。

日程/内容
1.第1回 1月26日(日)
仙腸関節、腰椎
2.第2回 2月23日(日)
胸椎、肋骨
3.第3回 3月22日(日)
頚椎、顎関節
4.第4回 4月26日(日)
肩関節
5.第5回 5月24日(日)
肘関節
6.第6回 6月28日(日)
手関節
7.第7回 7月26日(日)
股関節
8.第8回 8月23日(日)
膝関節
9.第9回 9月27日(日)
足関節

時間
AM10:00~PM15:30(お昼休憩30分)

開催会場

インターナショナルカイロプラクティックカレッジ International Chiropractic College
〒577-0022 大阪府東大阪市荒本新町2-35 TANAKA BLD.
[電車交通] 近鉄けいはんな線荒本駅下車4番出口 南へ徒歩3分
※お車でのご来場はご遠慮ください。

参加費(各回資料・昼食付)

一般各回払い: 18,000円
一般 全9回一括払い: 153,900円
FJIC会員各回払い: 16,000円
FJIC会員9回一括払い: 136,800円

お申込み方法

下記のセミナー申込みフォームからお申し込みいただけます。
お申込内容受信後、納付書を送り致します。
〒577-0022 大阪府東大阪市荒本新町2-35

TEL 06-4306-5007
FAX 06-4306-5037
E-mail info@osaka-icc.jp

岡田恵舟・カイロプラクティック・セミナー 2019 フェイズ2

講師
岡田恵舟 Keishu Okada,BSc

カイロプラクターとして「生体の要求」にどこまで応えられるか?
矯正のターゲットとなる構造物は何処に、其処への深達度、接触時間、
力の種類、これらを上手く変化させ、コントロールできる能力を有せてこそ
真のカイロプラクターと云えるのではないか。今シリーズは其処を考え、
「より安全だから安心!」の徹底を図ります。

日程/内容
1.2019年10月14日(祝)
非スラストテクニック~頭蓋マニピュレーション・スプレッド・ユニバーサル・リフトほか~
2.2019年11月4日(祝)
非スラストテクニック~関節モビリゼーション・徒手的牽引―伸延・マッケンジー法ほか~
3.2019年12月22日(日)
非スラストテクニック~軟部組織マニピュレーション・結合組織・徒手的抵抗・PIRほか~
4.2020年1月26日(日)
非スラストテクニック~ローガンベーシックほか~
5.2020年2月23日(日)
非スラストテクニック~スポンディロセラピーほか~

定員
10名

時間
9:30~16:30

開催会場

国際カイロプラクティックカレッジ 3F実習室
〒577-0022 大阪府東大阪市荒本新町2-35 TANAKA BLD.
[電車交通] 近鉄けいはんな線荒本駅下車4番出口 南へ徒歩3分
※お車でのご来場はご遠慮ください。

参加費(各回資料・昼食付)

一般各回払い: 19,000円
FJIC会員各回払い: 18,000円
ICC賛助会会員各回払い: 17,600円

一般一括払い: 90,000円
FJIC会員一括払い: 85,000円
ICC賛助会会員一括払い: 83,000円

受講対象
ICCが設置する各コースの修了生・受講生および同等以上の教育を受けられた方に限る

お申込み方法

下記のセミナー申込みフォームからお申し込みいただけます。
お申込内容受信後、納付書を送り致します。
〒577-0022 大阪府東大阪市荒本新町2-35

TEL 06-4306-5007
FAX 06-4306-5037
E-mail info@osaka-icc.jp

2019年度・FJIC学術推進活動 ディバ-シファイドテクニックハート勉強会

講師
岡田恵舟

ご存知の通り「様々な」の意味を持つdiversifiedですが、
カイロプラクティックにおいては基本テクニックの代名詞となっています。
指定校ICCでは関節機能障害ベースの運動分節変位malpositionまたは 制限restrictionを取り去る徒手技術として研鑽しております。
久しぶりにこのテクニックのハートに触れ、良い汗をかいてみませんか?
ご自分のレベルアップのために・・・。

日程
・第1回目2019年10月13日(日)
・第2回目2020年3月8日(日)
時間
10:00~16:00内容
ディバ-シファイドテクニックハート勉強会

開催会場
国際カイロプラクティックカレッジ 3F実習室
〒577-0022 大阪府東大阪市荒本新町2-35 TANAKA BLD.
[電車交通] 近鉄けいはんな線荒本駅下車4番出口 南へ徒歩3分
※お車でのご来場はご遠慮ください。

参加費
各回10,000円  ※お申込後、納付書をお送りします。

お申込期日
第1回目10/4(金) 第2回目2/28(金)

お申込み方法
お電話又はE-mailにてFJIC事務局までお申込み下さい。
TEL 06-4306-5007
FAX 06-4306-5037
E-mail info@fjic-chiro.jp

ICCクリニカルセンター長による施術技能講座

講師
岡田恵舟

日程/内容
1.2018年09月24日(祝)
・仙骨のキーストーン効果
・トップストーンとしての役割
・ラテラリティ―の評価法 ほか
2.2018年10月08日(祝)
・アキシャルスケルトンとしての胸椎
・キネマティックチェーンの評価法とテクニック ほか
3.2018年11月03日(祝)
・後頭顆の動的平衡評価法とテクニック ほか
4. 2018年12月24日(祝)
・腰椎&頸椎の動的安定評価法とテクニック ほか
5. 2019年01月14日(祝)
・脊椎原性の疼痛
・VSCの概念
・脊椎複合機能障害の評価法とテクニック ほか
6. 2019年02月11日(祝)
・骨性侵害による神経学的過干渉
・神経の被膜への影響 ほか
7. 2019年03月31日(祝)
・いつの時代も脳が喜ぶ仕事をする!脳が喜ぶ技の数々を一挙紹介! ほか

時間
9:30?16:30(昼休憩45分)

開催会場
国際カイロプラクティックカレッジ 3F実習室
〒577-0022 大阪府東大阪市荒本新町2-35 TANAKA BLD.
[電車交通] 近鉄けいはんな線荒本駅下車4番出口 南へ徒歩3分
※お車でのご来場はご遠慮ください。

受講資格
WHO履行ガイドライン準拠プログラムを
履修したカイロプラクティック施術者(学生可)

参加費(資料/昼食弁当付き)
一般各回払い: 19,000円

一般一括払い: 129,000円

FJIC会員各回払い: 18,000円

FJIC会員一括払い: 123,000円

ICC賛助会会員各回払い: 17,600円

ICC賛助会会員一括払い: 120,000円

お申込み方法
下記のセミナー申込みフォームからお申し込みいただけます。
お申込内容受信後、納付書を送り致します。
〒577-0022 大阪府東大阪市荒本新町2-35

TEL 06-4306-5007
FAX 06-4306-5037
E-mail info@osaka-icc.jp

ターグルリコイル・フェス Toggle Recoil Fes.

講師
岡田恵舟

日程/内容
9月30日(日)
カイロプラクター必携の技!by 岡田恵舟

カイロプラクティック生誕記念月に、このように皆さまとカイロプラクター必携の技を 鍛錬できる機会が得られることはカイロプラクター育成に携わる者としてこの上ない喜びです。
ターグルリコイルとトルクメカニズムは単にアッパーサービカルの技法であるのみならず、 実は検査手・触診手、矯正手すべての基礎でもあり、これらメカニズムを肉体にうまく 搭載できてこそカイロプラクティック・アートの基礎が完成したと言えます。
奮ってご参加ください!

時間
9:30?16:30

開催会場

国際カイロプラクティックカレッジ 3F実習室
〒577-0022 大阪府東大阪市荒本新町2-35 TANAKA BLD.
[電車交通] 近鉄けいはんな線荒本駅下車4番出口 南へ徒歩3分
※お車でのご来場はご遠慮ください。

参加費(資料/昼食弁当付き)

一般(非会員): 20,000円

FJIC会員: 18,000円

ICC賛助会会員: 17,600円

お申込み方法

下記のセミナー申込みフォームからお申し込みいただけます。
お申込内容受信後、納付書を送り致します。
〒577-0022 大阪府東大阪市荒本新町2-35

TEL 06-4306-5007
FAX 06-4306-5037
E-mail info@osaka-icc.jp

スポーツカイロプラクティックセミナー:筋膜編2018

メッセージ

セミナーは講義と実技で構成されています。講義では各筋肉(筋膜)に問題がある場合の具体的な症状と問題(筋膜の癒着)の 好発部位について説明していきます。
実践では講義内容を踏まえて実際に指で感触を確かめながら進めていきます。筋膜の治療において最も重要なのは、問題個所を 見つけ出すことです。
治療のやり方を知っていても、問題個所を特定できなければ治療効果はほぼありません。セミナーではその辺も踏まえながら練習 していきます。
また、必要に応じて専門文献を引用しながら知識・技術のアップデートも行っていく予定です。最後の3回では、脊柱編、上肢編、 下肢編に分けて知識・技術のアップデートを行います。
再履修者の方を対象にしております。初めての方は受講できませんのでご了承ください。

このセミナーで習得できること

1.各疾患の発症機序(メカニズム)を理解できるようになる。
2.各疾患の特徴を知ることができる。
3.筋膜の癒着によって現れる症状を知ることができる。
4.筋膜と関節の連動性について理解できるようになる。
5.筋膜の癒着部位を触診により特定できるようになる。
6.癒着を除去し患者の症状を改善させることができるようになる。
7.癒着の好発部位を知ることができる。
8.鑑別診断をより深く理解できるようになる。

講師
榊原直樹,DC,DACBSP, CSCS, PhD

日程/内容

第1回 7月22日 頚椎/顎関節

・後頭下筋群(上頭斜筋、下頭斜筋、小後頭直筋、大後頭直筋)
・斜角筋群
・胸鎖乳突筋
・顎二腹筋
・咬筋
・側頭筋
・肩甲挙筋
・頚性頭痛
・三叉神経痛
・眼精疲労
・むち打ち症
・顎関節症第2回 8月26日 胸椎/肋骨

・菱形筋群
・広背筋
・内肋間筋
・外肋間筋
・僧坊筋
・前鋸筋
・肋間神経痛
・翼状肩甲骨症
・肩痛
・呼吸障害
・側弯症第3回 9月23日 腰椎/骨盤

・腰方形筋
・腹直筋
・外腹斜筋
・内腹斜筋
・仙腸関節(後仙腸靭帯)
・関節包(椎間関節)
・腸腰靱帯
・仙腰痛(急性/慢性)
・仙腸関節痛
・下肢痛
・椎間関節症
・梨状筋症候群
・恥骨結合炎第4回 10月28日 肩関節

・三角筋
・ローテーターカフ(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋)
・大円筋
・関節包
・肩鎖関節
・烏口肩峰靱帯
・大胸筋
・小胸筋
・五十肩
・インピンジメント症候群
・肩鎖関節痛
・胸郭出口症候群第5回 12月23日 肘関節/上腕部

・円回内筋
・回外筋
・短橈側手根伸筋
・長橈側手根伸筋
・上腕三頭筋
・上腕二頭筋
・烏口腕筋
・腕橈骨筋
・外側上顆炎
・内側上顆炎
・後部インピンジメント症候群
・上腕三頭筋腱炎
・回内筋症候群第6回 1月27日 手関節/前腕部

・関節包(IP関節、MP関節)
・ギヨン管
・手根管
・母指球筋
・方形回内筋
・深指屈筋
・浅指屈筋
・長母指伸筋
・手根管症候群
・ギヨン管症候群
・ド・ケルバン腱鞘炎第7回 2月24日 股関節/大腿部

・腸腰筋(大腰筋、腸骨筋)
・股関節外旋筋群(梨状筋、内閉鎖筋、外閉鎖筋)
・大殿筋
・中殿筋
・大腿筋膜張筋
・関節包
・恥骨筋
・股関節インピンジメント症候群
・恥骨結合炎
・腰痛第8回 3月24日 膝関節/下腿部

・大腿四頭筋(外側広筋、内側広筋、大腿直筋、中間広筋)
・薄筋
・大内転筋
・腸脛靭帯
・ハムストリング
・膝窩筋
・足底筋
・縫工筋
・関節包
・膝痛
・オスグッド
・ジャンパー膝
・膝窩筋腱炎
・腸脛靭帯症候群
・膝蓋大腿関節痛第9回 5月26日 足関節/足部

・外側側副靭帯
・内側三角靱帯
・足根管
・母趾内転筋
・足底筋膜(腱膜)
・骨間筋
・後脛骨筋
・前脛骨筋
・腓腹筋
・長母指屈筋
・腓骨筋
・足関節捻挫
・足底筋膜(腱膜)炎
・足根管症候群
・外反母趾
・足背痛
・アキレス腱炎
・シンスプリント第10回 6月23日 脊椎

再履修者用のアップデート第11回 7月28日 上肢

再履修者用のアップデート第12回 8月25日 下肢

再履修者用のアップデート※都合により日程が変更になる場合があります。

時間

毎月第4日曜日(11月/4月除く)
全12回 AM10:00?PM15:30(お昼休憩30分)

開催会場

国際カイロプラクティックカレッジ内 International Chiropractic College
〒577-0022大阪府東大阪市荒本新町2-35 2/3F
[近鉄けいはんな線 荒本駅下車 南へ徒歩3分]

受講費(資料/昼食弁当付き)

一般各回: 18,000円

FJIC会員: 16,000円

*お申込後、受講費の納付書をお送り致します。

お申込み方法

下記のセミナー申込みフォームからお申し込みいただけます。 お申込内容受信後、納付書を送り致します。
〒577-0022 大阪府東大阪市荒本新町2-35

TEL 06-4306-5007
FAX 06-4306-5037
E-mailinfo@osaka-icc.jp

伊藤彰洋DCによるカイロプラクティック臨床に役立つ神経学講座2018シリーズ

講師
榊原直樹,DC,DACBSP, CSCS, PhD

・米国公認カイロプラクター(DC)
・米国パーマー・カイロプラクティック大学卒(アイオワ州)
・米国国家試験合格(全4次試験)
・米国州開業免許取得(イリノイ州、オハイオ州、ケンタッキー州)
・カイロプラクティック臨床神経学卒後教育課程修了(米国Logan大)
・Carrick Institute機能神経学卒後教育課程 公認講師
・所属: 日本カイロプラクティック徒手医学会、MM研究会、米国頭痛学会他

日程/内容
session1 2018. 2月12日(祝・月)
発達障害とカイロプラクティック
session2 2018. 4月30 日(祝・月)
神経診察法(神経系の機能的な診かた)
session3 2018. 7月16 日(祝・月)
脊髄と神経根障害に対するアプローチ
session4 2018. 9月17日(祝・月)
痛みとしびれ
session5 2018. 11月23日(祝・金)
めまい

時間
AM10:00?PM16:00(昼1時間休憩)

開催会場

国際カイロプラクティックカレッジ International Chiropractic College
〒577-0022大阪府東大阪市荒本新町2-35 2F
[近鉄けいはんな線 荒本駅下車 南へ徒歩3分]

受講費(資料/昼食弁当付き)

一般各回: 17,000円

FJIC会員各回: 16,000円

ICC賛助会々員各回: 15,000円

一般一括: 80,000円

FJIC会員一括: 75,000円

ICC賛助会々員一括: 70,000円

*一括でのお申込み時は、5,000円割引させて頂きます。但し、欠席された場合は、後日、資料のみお渡し、 受講費の返金は致しませんので、予めご了承の程をお願い致します。お申込後、受講費の納付書をお送り致します。 尚、お席は、ご入金順に確保させて頂きます。

お申込み方法

下記のセミナー申込みフォームからお申し込みいただけます。 お申込内容受信後、納付書を送り致します。
〒577-0022 大阪府東大阪市荒本新町2-35

TEL 06-4306-5007
FAX 06-4306-5037
E-mailinfo@osaka-icc.jp

岡田恵舟 カイロプラクティック・療術大学ゼミ

カイロプラクティック・療術大学ゼミ;全4回
講師:岡田 恵舟 Keishu Okada
2017年7月30日(日)A.M 9:30スタート!

第1回 2017年7月30日(日)
・総合診療的診察のすすめ?問診
・視診から得られる情報?
・私たちができること
第2回 2017年8月27日(日)
・触れてはじめてわかること?触診のチカラ?
・内臓?体性反射に学ぶ ほか
第3回 2017年10月29日(日)
・関節包内運動の徒手的評価とそのアプローチ法 ほか
第4回 2017年12月23日(土)
・ブロード サーキュレーション セラピー(BCT) ほか
*終了後X-masパーティ

終了しました

スポーツカイロプラクティックセミナー
代償性パターン認知アプローチ編(Compensatory pattern cognitive approach)

スポーツカイロプラクティックセミナー;全10回
講師:榊原直樹,DC,DACBSP, CSCS, PhD
2017年5月28日(日)スタート!!

人間の身体は左右非対称にできています。内臓のポジションが左右非対称であることは明らかですが、筋骨格神経系も左右非対称になっています。そのため、身体の使い方、またそれによって引き起こされる脊柱・骨盤の捻れパターン、さらに筋肉の強弱にも代償性パターンが生じるのは必然とも言えます。本セミナーでは、それら様々な共通パターンを分類し、それによって生じる具体的な症状の解説とアプローチ法について勉強していきます。今までのセミナーと最も異なる点は、症状をより大局的に観ることで局所的症状の改善・安化を行っていくこと。そして、各人が持っている共通の代償性パターンに基づいてアプローチしていくことの二点です。本セミナーで学ぶことによって、今までとは異なる視点で症状を観ることができるようになります。

終了しました

栗原DCによる!末梢神経絞扼症候群&頭蓋セミナー

末梢神経絞扼症候群(全3回)

第1回目:2017年5月21日(日)
第2回目:2017年6月18日(日)
第3回目:2017年7月16日(日)
時間:9:00 am?3:00 pm

以下各症候群の検査と治療方法、デモンストレーション、実技練習
上肢の末梢神経障害 頚椎椎間関節症 胸郭出口症候群 肩甲上神経症候群 四角間隙症群 筋皮神経症候群 円回内筋症候群 前骨間神経症候群 回外筋症候群 肘部管症候群 手根管症候群 尺骨神経管症候群 下肢の末梢神経障害 脊柱管狭窄症 腸腰靭帯症候群 鼠径靭帯症候群 外側大腿皮神経症候群 閉鎖神経症候群 梨状筋症候群 膝窩筋症候群 腓骨管症候群 前足根管症候群 足根管症候群

受講費:全3回 50,000円(税込み)いずれも資料代含む。(昼食代は含まず)
【注:欠席の場合、受講費は、理由にとわず返金いたしませんが、資料の方は後日送らせていただきます。】
※各回のお申し込みはできません。

頭蓋セミナー【解剖学、組織学から臨床応用まで】(全5回)

時間:9:00 am?3:00 pm

第1回:2017年 9月17日(日)頭蓋骨 骨学、縫合の形態、脳脊髄液、硬膜、発生学、触診(頭蓋触診基本部位)
第2回:2017年10月15日(日)頭蓋骨 各頭蓋骨の動き、触診(拡張期収縮期)
第3回:2017年11月19日(日)頭蓋骨 脈管、脳神経、脳神経検査法、触診(縫合、各頭蓋骨
第4回:2017年12月17日(日)頭蓋バイオメカニクス、頭蓋の筋、頭蓋筋へのアプローチ、耳介筋反射テクニック、縫合テクニック
第5回:2018年 1月21日(日)頭蓋テクニック、頭蓋テクニック臨床応
受講費:全5回(一般一括)100,000円(税込み) いずれも資料代含む。(昼食代は含まず)
【注:欠席の場合、受講費は、理由にとわず返金いたしませんが、資料の方は後日送らせていただきます。】
※各回のお申し込みはできません。

会場: 国際カイロプラクティックカレッジ International Chiropractic College
〒577-0022 大阪府東大阪市荒本新町2-35-2F [近鉄けいはんな線 荒本駅4 番出口から南へ2分]
※車でお越しの方は、近隣のコインパーキングをご利用ください。

終了しました

ドクターホルダーによる
トルクリリーステクニックイントロダクションセミナー

この度は、HOLDER RESEARCH INSTITUTE JAPAN(ホルダー研究所 日本)の協力を得まして『 ドクターホルダーによるトルクリリース テクニック イントロダクション セミナー 』 を此処ICCにて開催させていただく事となりました。
カイロプラクティック本来の正しい考え方にもとづき21世紀の研究の中で生まれたテクニック!そう謳われる理論(わけ)をお知りになりたい方、その概念に一度ふれてみたい方は、ぜひ、足をお運びください。
創始者から直接お話しが伺え、デモンストレーションなどご参観いただけますので、受講価値は十分にあるかと思います。
ご興味ある方のご参加をお待ちしております!

(定員30名:7月14日時点で14名のお申し込みがあります。お急ぎください!)

終了しました

岡田恵舟・上位頸椎テクニック教室

全体論と唯物論はカイロプラクティックを実践する上で必要不可欠な要素となります。 禁忌症を除外したあと、カイロプラクターとして身心の何を、どこを、診るべきかはとても大切な判断となります。 さらに突き詰めれば、それをいつ、どのようにアプローチするかはもっと大切なことと云えます。 本講座では、上位頸椎の扱い方を時間の許す限り、指導して参りたいと思います。

終了しました

コメントを残す